So-net無料ブログ作成

変化に対応できない自分 [自分自身のこと]

 

社会人6年目。
一回ずっこけると雪だるま式に転がり続けてしまう。自分の存在意義や仕事のスタイルを見直す時期になって来たのかな。
果たして、本当にそれが大切なのか?

周辺環境の変化に気づけていなかった。周辺環境の整備がとても大切なのに。私の失敗。

好きだったことが嫌いになり、嫌いをパワーに頑張ってきたことが、無関心になり始めている。

無関心なのは、失敗を認めていないのか?圧し殺しているだけなのか?

でも、自分で選択した結果だし、自分が大切にしていることを大切にした結果だから、後悔はしていない。

行為から起因する結果はひとつではなく、 周辺環境の整備には失敗したけど、別の結果には、誇りを持って満足している。自分の中にある 他者からの評価を気にする感情に押し潰されそうになり、争っている。
それが今の自分なんだろうな。

 ゆっくり考えよう。 

 


失敗学のすすめ (講談社文庫)

失敗学のすすめ (講談社文庫)

  • 作者: 畑村 洋太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/04/15
  • メディア: 文庫

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。