So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

組織の伝統が人をつなぐ [人材育成]

posoです。

この1年ほど、私が学生時代からお世話になっている組織の活性化のお手伝いをしています。

高校のOBOGが中心となって高校生と大学生を毎年20人~30人ほど英国やドイツ・台湾に派遣し、国際交流を推進している団体で、国際交流事業は、私が派遣された時で15年目、すでに22年目の歴史があります。

ただ、
学生時代は、帰国後も各国からの受入を手伝うために、しばしば団体に顔を出していたのですが、社会人になると糸が切れた凧のように、みんなバラバラになってしまっていました。

そこで、
改めて社会人を含めてネットワークを構築をして、学生も社会人自身もステップアップし、さらに国際交流事業をブラッシュアップさせよう! というようなことをはじめています。

私自身は、久々に団体に戻ってみて、こんなに変わっちゃってるんだーと思うネガティブな変化とすごーい!!こんなに進んでるーというポジティブな変化と 当然ですがいろいろな変化を楽しんでいます。

でも最近、強く思うのは、どこか変わらないベースはあり、それが 縦・横の繋がりを構築する促進剤の役割を果たしている。
共通共通体験、共通言語として  共有できている安心感があるんですよね。

「俺たちの頃は、○○だった。」「私たちの時は…。」「今はですね~。」  
10才ぐらい上の先輩から・一回り以上も年下の後輩たちとそんな話ができているのは、変化しない伝統があるからだとちょっと感動しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

変化に対応できない自分 [自分自身のこと]

 

社会人6年目。
一回ずっこけると雪だるま式に転がり続けてしまう。自分の存在意義や仕事のスタイルを見直す時期になって来たのかな。
果たして、本当にそれが大切なのか?

周辺環境の変化に気づけていなかった。周辺環境の整備がとても大切なのに。私の失敗。

好きだったことが嫌いになり、嫌いをパワーに頑張ってきたことが、無関心になり始めている。

無関心なのは、失敗を認めていないのか?圧し殺しているだけなのか?

でも、自分で選択した結果だし、自分が大切にしていることを大切にした結果だから、後悔はしていない。

行為から起因する結果はひとつではなく、 周辺環境の整備には失敗したけど、別の結果には、誇りを持って満足している。自分の中にある 他者からの評価を気にする感情に押し潰されそうになり、争っている。
それが今の自分なんだろうな。

 ゆっくり考えよう。 

 


失敗学のすすめ (講談社文庫)

失敗学のすすめ (講談社文庫)

  • 作者: 畑村 洋太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/04/15
  • メディア: 文庫

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

新年の抱負 [チームビルディングジャパンのこと]

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 チームビルディングジャパンに入ってから、この時期になると、昨年のふり返りと新年の抱負を書いています。

大学生の頃は、まったくそんなことはしていなかったので、「メルマガ」「ブログ」といったキッカケがあるのはありがたいことです。

ちなみに、一年前はこんなことを言っていたんですね。 

http://ameblo.jp/staffcircle/entry-11740986944.html 

「 

さて、5年目となる本年は「攻め」の年だと感じています。そろそろ吸収してきたことを自分らしく活かしたい。そんな気持ちになっています。

そんな今年の目標「輪をつなぎ・和を広げる」です。
 ・お客様、TBJスタッフ、社外から応援してくださる方という、人との和をつないでいきたい。
 ・過去に吸収した知識や知恵の輪をつなげ広げていきたい。
 
1年の計は元旦にあり。そんな目標を持って今年も1年間頑張ります。

どうぞよろしくおねがいいたします。 

」 

 さて昨年は、猪突猛進・一心不乱に攻めの1年が実行出来たと思います。ただ1年前の今頃に想像していた攻め方とはだいぶかけ離れた攻めの一年でした。

方々にご迷惑をおかけしつつも、これまでに培ってきた経験を全力で出し切りました。

さて来年は 

1.新しい知識・経験値を得るために、新しい環境に身を置いたり 積極的に背伸びをする 

 ⇨海外・英語・本を読む・人との繋がり?新しい仕事?? 

 

2.今ある知識・経験を深められるように、それらを別の形で活かしてみる

 ⇨ファシリテーション技術の向上・野外教育・営業・プログラムディレクション・コーディネーション 

 

3.ご縁をつなげる/ご縁を広げる 

 ⇨お仕事はもちろん、プライベートでも。 TBJ、財団、院、野外 

 

4.自分の心を安定させるために自分の時間を大切にし、でも体力づくり。

 ⇨少し運動をしないとやばい 

 

 この4つのバランスをとることを意識します。

 

 

 「残す」って大切なんだなぁとこの時期になると思います。

「書く」「残す」「伝える」「巻き込む」ことも大切にしよう[晴れ] 


タグ:新年の抱負

パーティーを盛り上げるミッション [日常生活]

posoです。

先日、大学生のころからお世話になっている団体のイベントがありました。

その団体は毎年 高校生と大学生を30人~40人をイギリスやドイツ・台湾に派遣をしている事業を行っています。すでに20年以上やっているので、数百人の派遣生がおり、その縦横のネットワークを作ろう!ということで行われた、大同窓会なるパーティーでした。

一緒に派遣に行った同期はもちろん、過去に人伝えで名前だけは聞いたことがあるという人もいたり、団体の理事会の方々も出席していたり、色々な人に出会えました。

そんなパーティーを、人と人が集まる場作りという視点で、 これいいな~と思ったのがパーティー会場に張られた1枚のミッションでした。

 

 ブログを移転しました。 パーティーを盛り上げるミッション

 http://learningthroughdoing.jp/s-2014-06-25 ‎


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

ブログへの気持ちが離れてます。|モチベーションの変化 [チームビルディングジャパンのこと]

ってわけブログ書いてんじゃん!ってひっぱたかれそうなタイトルですが、
このところのチームビルディングジャパンのブログを書こう!ブーム(⇨詳しくは「チームビルディングジャパンのブログ」にて)が起こったことで、スタッフサークルのブログから気持ちが離れている自分がいることに気がつきました。

 書かなくするのではなく、平行して書いていたこちらのブログに段々とまとめ出しています。


そんな気持ちを嫌だな~と思いながら自分らしいな~と
すごい勝手だな~と思いながら、まあしょうがないかと

趣味でやりたくてやっていた家庭菜園程度の畑を、食料危機だー!と政府が方針をたてて鍬を持ってやって来て、みんなで耕すぞー!と開墾されている感じ?でしょうか。
( 一時期は一緒に家庭菜園やらない?と誘っていた時もあったのに、ホント勝手ですよね。)

何でだろう?と考えたときに浮かんできたのは2つの理由。

一つめは、やりたくてやっていた余計な?ことだったのが、方針があって、 やった方がいいこと やらなくちゃいけないことになったことで 趣味でも余計なことを楽しんでいるのではなく、食べ物を得るための義務の色合いが強くなったから。

もうひとつは、やらなくてもいいことはやらなくていいと思う性格だから。誰かがやってくれるならそれでよし! 次の畑を耕しに行きたくなってしまう。 だってそれが役割分担でしょ。 

 

と、書いていて思った。

チームビルディングジャパンって農耕民族なんだよね。みんなできちんと畑を耕して種をまいて、水をやって・・・ でも、そんな中で、次の畑じゃなくて、狩りに出たくなっちゃった。だから、狩りに出てみよう。そんな気分に落ち着きました。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

チームビルディングジャパンのブログ [チームビルディングジャパンのこと]

posoです。

初期はずーっとすみ恵さんが更新していたチームビルディングジャパンのblog。ばんちゃんがメルマガにあわせて書いていた have it your way で更新するようになり、この数年は 自分が気分の乗ったときに、不定期で更新していました。
社内でも「なんとなくposoがやりたいからやっている。」と思われているだろう。そんな扱いだったのですが、ここにきて、突然 「やっていることを発信していかなくちゃ!」とチームビルディングジャパンのスタッフサークルblogが会社の「方針」に格上げされてしまいました。

過去、何回かブームは起きています。他のメンバーにやってみてよーとお願いしてみたこともありました。
でも、他の業務に押し流されてやってもらえなかったんですよね。
しかしね、先日は甚さんがFacebookだかblogだかに投稿した記事を見た友達?からリアル「いいね」とフィードバックをもらったことblogを含めSNSのよさを再認識したこと、甚さんの「やろう!」で「方針」になったことでハルや千里が書いて見ようかなという感じになっていることで今回は続くんじゃないかなと思ってます。
というか、そう信じています。


褒めることと叱ること [チームビルディングジャパンのこと]

posoです。
ここのところ甚さんのコラムに目を通すようになってきました。それまでは、目を通していなかったのかよと突っ込まれそうですが。あながち間違ってないですが、それはさておき、コラムを受けて思うところを書いてみました。

誉めることも叱ることも、それによって相手をコントロールしようとしている間は、相手のためになっていないのではないでしょう。
というよりも、それは自分のために、(相手のため出なく)誉めている/叱っている自分に酔いしれたくてしているとも言えるかもしれない。

誉めるにしても叱るにしても主体は誉める側だし、叱る側にあり、その対象者は受け身でしかない。  叱られている時に叱っている人の意に反する考えを伝えるのは、火に油を注ぐようなものだと言うことを多くの子どもたちは知っている。だから黙って下を向く。 悪いことに、誉める/叱る側は相手のためしているという自負があるから主体が自分にあることに気づかない。こうして誉め叱る側/誉め叱られる側どちらにも主体としての意識がなくなる。まるで喉の乾いていない人を川につれていき水に頭を突っ込ませているようだ。

確かに、その人は喉が乾いていないことに気づいていないだけで、水を飲まないといけない危険な状態なのかもしれない。もしかしたら、水を与えなければ倒れてしまうかもしれない。だから水を与えるのは正しい。そうかもしれない。
しかしそれは応急処置でしかない。応急処置は急を要しなくなったら応急処置ではないし、拒否をされたら続けることは許されない。

本当に必要なのは、本人が喉が乾いていることを自覚して水を求められるようになること。本人が欲しい!とも言わないのに与え続けるのは与えてる人の自己満足と思う。大人が子供に、上司が部下に、上から下にという関係の中で、欲していなくても与えられればもちろん目の前では与えられた水を飲む。飲んでいるように見せる。でも、吸収しているかは別問題だ。求めていない水は吸収しない。

私自身、プログラムの中で子供たちを誉めたり叱ったりすることがある。時間の限られたプログラムだと結論を急ぐあまり無駄に誉めてみたり求める状態になっていないのに叱ってしまったりしてしまう。子供は大人をよく見ている。応急処置で乗りきろうとして散々な結果を何度も生み出してしまった。 (そのときの皆には本当に申し訳ない)

誉めたり/叱ったりするのが、それが自己満足で終わらず、本当の意味で相手のためにするためには、相手がそれを欲する状態かどうか確認すべきなのでしょう。そして欲していないのであれば、まずは欲する状態にする。(もちろん欲る状態になるのを待つというのも一つだがこちらからの働きかけをするならば。)それは言い方やタイミングかもしてないし、関係性かもしれない。
そしてどんなに欲している状態だったとしても誉めたり叱ったりするのは、応急処置でしかないことを心にとめておくようにしています。
特にキャンプリーダーを始めた頃はこれが出来ずに苦労しました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

一人オフィスで・・・ [チームビルディングジャパンのこと]

posoです。 

前回のブログで、 

 「『いろんな人に支えられているのは分かっているけど、結局、人間は一人なんだ』って思ってしまう。でもそれじゃだめなんだよね~」 みたいな話をしたことを書いたと思いますが

トラストフォール:人に身を預けられますか?そのときには、あまり感じていなかったけれど、ゴールデンウィークに会社でお仕事している自分って・・・。

でも、黙々とプログラムで使うグッズをつくっている時間って嫌いではない 。 (本当は途中で、みんなでわいわいやれたらなぁ~と思ったときもありましたよ。)

1399374679441.jpg 

 あっ!でも今日は作業をしていたら、途中で千里もオフィスに!誰も来ないと思っていたので、ちょっとどっきりでした。

 

 今日は、 無人島遠足チームビルディングで使うものをつくっていました。

なんだか分からないと思いますが・・・今日の成果。

 1399385225770.jpg 

 高校生に向けたプログラムで使います。どんな反応をしてくれるか楽しみ~~ 

 


トラストフォール:人に身を預けられますか? [自分自身のこと]

posoです。

ゴールデンウィークですが、皆さんいかがお過ごしですか?チームビルディングジャパンのオフィスのある水道橋・お茶の水・神保町エリアは、三崎神社例大祭で賑わっております。

さて先日、ある人とダイアログ?対話?雑談???まぁ話をしてて、こんなことを聞かれました。
「posoは人に自分の一部を預けられる?」

 話の流れとしては、「『いろんな人に支えられているのは分かっているけど、結局、人間は一人なんだ』って思ってしまう。でもそれじゃだめなんだよね~」みたいな話をしていている中でなのですが。。。

私は正直苦手です。
一番最初にそれを感じたのは、4~5年前トラストフォールというアクティビティを体験したとき。
トラストフォールとは、人の胸~肩ぐらいの高さの台に立ち、後ろ向きに倒れ、それを下で10人ぐらいの仲間が手で支えるという課題です。

こんな状態で立っていて・・・

 

 ブログを移転しました。続きはこちら

 

 

トラストフォール:人に身を預けられますか?

 

 http://learningthroughdoing.jp/s-2014-05-05 ‎ 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。